結果をデータ化し健康診断の事後管理まで代行します

たとえ従業員数が少ない会社でも、支社や支店を全国にかかえる大企業でも、すべての従業員の健康を考えることは雇用主の義務です。そのために毎年健康診断を実施して、日常生活の充実と、就業に適した身体を維持できるようにサポートしています。担当者は健診機関の選定や契約、受診者への申し込み案内や結果管理、健診機関との調整や請求業務等々、やらなければいけないことが山積みです。また、健診機関ごとで結果値の基準が異なるので、同じ数値でもAさんは正常、Bさんは要注意と判断される場合があります。各企業で統一された健康基準や、健康診断にまつわる煩雑な業務を一手に引き受けてくれるのが健康診断代行会社です。契約・申込・請求・結果管理業務に加え、従業員の健康管理サポートまで取り仕切ってくれます。

健康診断の代行サービスは企業に沿った管理を提供してくれる

受診対象者がすべて同一の健診機関で受診することは困難です。そうなると健康診断結果報告書は、書式や結果値の正常範囲が人によって異なってきます。健康診断代行サービスを利用すれば結果や情報を精査し、企業が求める管理方法や健康増進に役立つサポート体制を提供してくれます。単に健康診断を受診するだけが目的なら問題ありませんが、従業員の福利厚生や健康管理、企業の健康状態を良好に保ち業績や発展に寄与するものと考えると、一定のルールのもと管理しなければなりません。健康診断の代行サービスはそのすべてを一手にまかない、統一した判定区分で事後の健康管理まで代行してくれます。担当者の業務負担軽減と、受診者の申し込みにまつわる負担軽減も見込めるのが健康診断代行システムです。より充実した健康経営に取り組むべく、企業の意向に沿ったサービス提供をおこなってくれる代行会社を見つけましょう。

自社に合った健康診断代行サービスを選ぶ

会社の個人情報やプライバシーを任せることになるわけですので、個人情報保護と情報管理に万全を期した健康診断代行業者の選別をおこなわなければなりません。ここ数年で健康経営の意識が高まり、従業員の健康管理に重きを置く企業が増えてきています。それに伴い、健康診断代行サービスに参入する企業も増えてきていますので、果たしてどこの代行サービス企業と契約をするべきなのか悩むところでしょう。検討をつけるひとつとして、どのような企業に導入されているかで判断するのも一つの方法です。規模の大きい(従業員数の多い)企業などが利用している場合、その情報処理能力やシステムについても信頼できると判断できます。加えて、自社の規模と同等の企業の利用が多ければ、導入費用の見積もりの参考にも出来るでしょう。カスタマー対応、情報処理と管理などをバランスよく遂行してくれる代行業者に任せて健康優良企業を目指しましょう。