的確な診断が健康を維持し代行によってコスト削減します

企業には、従業員が健康を維持できるよう定期的に診断を実施することが労働安全衛生法によって義務付けられています。健診の事務作業は想像以上に手間がかかるため、従業員数が多い企業ほど担当従業員への負担は大きくなります。そこで役立つのが、健診の予約から精算に至るまでの業務を代行してくれるサービスです。代行サービスを利用することで、健診に関わる業務が削減され大幅な業務効率化につながります。代行サービスを取り扱う会社は多くの医療機関と提携しているため、全国に支社や支店を持っている企業でも利用することが可能です。また、各医療機関の健診結果を一元化するサービスもあるため、全従業員の健康状態を把握しやすくなります。代行サービスを有効活用し、定期的な健診で従業員の健康の維持に努めましょう。

業務の一括代行で事務負担の軽減

企業で働く従業員が健康維持のために診断を受けるときに、健診代行サービスを利用すると病院の予約から精算までのすべての事務作業を担ってもらうことができます。代行サービス業者には2000以上の医療機関と提携しているところもあり、全国どこでも代行サービスを利用することができますし、健診には様々な種類があるため目的や費用に沿った健診コースを提案してもらえるサービスもあります。代行サービス業者は、企業と医療機関だけでなく従業員と医療機関との間の窓口的役割も果たすため、健診に関する事務作業が格段に減ります。申し込みもウェブサイトから24時間いつでも受つけているため、作業効率も上がります。また、従業員の予約状況や未受診者の管理も行われるので、健診の受診率向上にも役立ちます。

健診結果をデータ化し、健康管理を推進

健康維持のための健診の診断結果は、通常は紙媒体で受診者に配布されますが、医療機関によって表示が若干異なります。健診代行サービスでは、それらの診断結果を統一のフォーマットでデータとして処理してくれます。診断結果の表示も、サービス会社ごとの基準で統一して管理してもらえます。データとして管理できるようになるので、紙媒体で管理するよりも時間も場所も取らず簡単になります。また、従業員の健康管理も徹底することができます。診断結果をデータ化するのは、企業ごとでも可能ですし、外部業者に委託することもできますが、健診代行サービスを利用すれば予約からデータ処理までを一括で委託できるので、従業員の負担軽減や外部委託によるコストの削減につながります。このように、健診代行サービスは低コストで従業員の健康維持を促進できます。