健康診断を代行業者に委託するメリットとは

企業には、働く社員の健康管理をする上で定期的に健康診断を実施しなければなりません。もともとは、企業の保険組合が福利厚生の一環として行っているものですが、最近では健康診断の代行サービスを利用している企業が増えてきています。従来であれば、働く社員全員を対象にして、健康診断を受診してもらう手配を全て、自分の会社でしていました。しかしながら、社員の家からだと会社指定の病院に行くのが遠くて通院するのが大変だったり、業務の都合上でなかなか受診出来ずにいる社員もいたり、予約をしてもキャンセルにして再度予約を取らずにいる社員がいたりして、健康診断の受診率が上がらない状態でした。受診率の向上を支援するサービスとして、企業に取り入れられているのが、健康診断の代行サービスなのです。

社員の健康管理をするのも企業の大事な仕事です

最近では、健康診断の代行サービスによって、健康診断の管理をしている企業がどんどんと増えています。健康診断の代行サービスとは、企業が福利厚生の一環としている健康診断の業務を代行してくれるサービスです。社員全員に健康診断の案内の通知をし、社員からの予約受付、病院の予約手配から検診結果の回収まで、健康診断に関わる事務的な業務を一括して引き受けてくれるのです。企業側としても、代行サービスに委託後に社員全員の受診経過や健康診断の結果を通知してくれるので、健康管理も可能になります。従来だと未受診の社員に催促の連絡が必要でしたが、代行サービス業者が健康診断を受診していない社員にも連絡を直接してくれるようになるので、未受診を防げるようになり、健康診断の受診率の向上へと繋がります。

健康診断の代行サービスのメリット、デメリットがあります

健康診断の代行サービスに依頼する事は企業側にとっては、とても助かるサービスです。メリットも沢山ありますが、デメリットもあります。企業で働く社員全員に健康診断を受診してもらう事になると、指定病院への予約や手続き、健康診断の結果の回収・データ分析、指定病院の清算業務など、沢山の手続きが必要になります。健康診断の代行サービスへ依頼するメリットは、莫大な手続きを全て行ってもらえる事です。デメリットは、企業の労力を軽減する代わりにサービスを利用する為にコストが発生します。社員の個人情報だけでなく、健康状態のパーソナルデータを外部に提供するので、情報漏洩の心配がないのか細心の注意が必要です。健康診断の代行サービスをしている業者が沢山あり、それぞれのサービス内容も違います。